• HOME
  • 新築注文住宅
  • 家づくりの流れ
  • こだわりの「家づくり
  • 建築工法・住宅性能
  • アフターメンテナンス
  • 住宅ローン・資金計画
  • モニターハウス募集
  • 新築施工事例
  • お施主様の声
  • お施主様ブログのご紹介
  • お施主様ブログのご紹介
  • リフォーム
  • ショップ
  • ブログ
  • 過去のブログ
  • 会社案内
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 資料請求
  • お問合わせ
  • プライバシーポリシー
  • スタッフ募集

建築工法

安全で安心して、快適に、長く住んで頂きたいと願い
ウィルハウジングでは、お施主様のご希望のプラン・ご要望にあわせ、
最適な建築工法をご提案します。

【ツーバイフォー工法】
2インチ×4インチの基本部材で組んだ枠に構造用合板を張ってパネルをつくり面とし て建物を支える工法で、家全体が床・壁・天井で構成される箱形の構造です。
6面体になっているため気密性や断熱性に優れていることが特徴です。 又、6面が力を分散してバランス良く吸収するので建物にかかる負荷を最小限に抑えることができるので地震や台風にも 強いです。気密性・断熱性にも優れ快適な住環境を作り易いです。

【木造軸組工法(在来工法)】
木材を使用した土台と柱と梁などを組んで、建物の骨組みを造る日本の伝統的な工法 で、一般的には在来工法と呼ばれています。
軸で支える構造であるため壁の配置に制約が受けにくく、大きな開口部をつくれたり風通しや採光に優れた間取りをつく る事が出来ます。工期が長いのが欠点でしたが、使う構造部材の基準寸法を標準化して部材の長さや仕口・継手をあらかじめ工場で加工す るプレカット工法により、工期の短縮と安定した精度の部材供給が可能になりました。

【鉄骨造】
柱や梁などの主要な骨組に鋼材を用いた建物を鉄骨造といいます。
骨組みを軽量鉄骨で組み立て、壁パネルを組み込んでつくる軽量鉄骨造と、重量鉄骨の柱、梁などを組み合わせて骨組み をつくる重量鉄骨造があります。耐震性に優れ鉄筋コンクリート造と比べて重さが軽いのが特徴です。
しかし、鉄は火災時など500℃以上の高温で強度が低下してしまうのが欠点です。

【鉄筋コンクリート造】
圧縮力に強いコンクリートと引張力に強い鉄筋を組み合わせた構造です。現場で鉄筋を 組んで型枠をつくり、そこにコンクリートを打設してつくります。耐震性、耐火性、耐久性に優れ、自由度の高い設計に適しています。
しかし、工事費と工期は他の工法に比べて一番かかります。

ページの先頭へ戻る